社会保険の手続き

従業員を雇用する時に必要な社会保険の手続きをいたします。

平成28年10月、社会保険の加入条件が一部拡大したことをご存知でしょうか?
手続きは様々な書類を整備しなければならず、思わずトラブルが起こってしまう可能性もあります。
私たちは忙しいあなたに代り、社会保険・労働保険手続きを代行します。

社会保険ってそもそも何?

社会保険とは、日本の社会保障制度の一つで、病気やケガ、事故、老後の生活などのリスクに備えて国民の生活を保障するために設けられた公的な保険制度です。国や地方公共団体などの公的機関が運営し、加入者(被保険者)が支払う保険料や国庫負担金などによって運営費用がまかなわれます。

広義の社会保険に含まれる保険4種

加入義務対象者は?

・適用業種で従業員が5人以上の個人事業主
・業種、従業員数に関係なく法人

近年年金事務所の調査が厳しくなってきています!
年金事務所の調査により未加入が発覚した事業所には、該当者の社会保険料を2年間に遡って追徴されます。

各種手続きを代行します

入退社手続き

従業員が入社・退職する際の健康保険・厚生年金保険・雇用保険の手続を行います。
各種手続きには期限が設定されているものありますので注意が必要です。
特に健康保険被保険者証はすぐに必要になる場合もありますので、迅速に手続きをする必要があります。

給付手続き

従業員が業務外または業務上の傷病により欠勤したときの手当金、育児休業・介護休業をした場合の給付等の手続を行います。
これらの手続きはその制度内容が複雑になっています。
どのような場合に、どのような手続きで、どのような給付が受けられるのかを把握するのは簡単なものではありませんので、弊社が代行して丁寧に行います。

住所変更等その他手続

事業所の名称・所在地変更や従業員の氏名・住所変更等の手続を行います。
これらの変更が生じた場合、変更の届出をしなければならい役所は数か所に及ぶ場合があります。
届出の漏れをなくすためには必要な手続きを把握しておかなければなりません。
また、社会保険の月額変更は自動的に役所から連絡が届くものではありませんので毎月の給与をしっかりと確認しておく必要があります。

労働保険年度更新、社会保険算定基礎届

年に1度の社会保険算定基礎・労働保険年度更新、時間外・休日労働に関する協定書の作成および届出等を行います。
これらの手続きは一年に一度しかない手続きですが非常に重要な手続きです。
特に労働保険年度更新は手間のかかる計算を必要とし、その計算に含める項目も細かく決めれられています。
また、時間外・休日労働に関する協定書(いわゆる36協定)の作成・届出を怠っていれば労働基準監督署から指摘を受けることもあります。

よくある質問

起業時、ホームページ制作でやってはいけないこと

いまやホームページはかかせない存在ですが、実は起業のタイミングでやってはいけないことがあるんですよ。失敗しないための秘訣をご紹介します!

記事を読む 》

創業融資、審査でここを見られてる!

起業資金の調達に失敗しないためには、融資審査のポイントをおさえることが大切。
実際に審査にあたっていた専門家がポイント5つを紹介します。

記事を読む 》