創業融資のご相談

新しく事業を始めようとする方にとって、資金の準備は大きなハードルのひとつです。
事業の成否が分かりづらい新規事業に支援をしてくれる銀行は多くないのが現実ですが、創業者を対象に行なっている融資もあります。

私たちは、創業融資の認定支援機関として、融資を受けるために必要な書類の整備やPRのコツなど、これから起業するあなたを丁寧にサポート。

融資申請に必要不可欠な事業計画書の作成などのご支援もいたしますので、お気軽にご相談ください。

創業する方が利用できる融資とは?

創業融資を成功させるポイントは?

創業をされる方のご経験やお人柄は大切な審査項目ですが、それだけでは融資審査でよい結果を得ることはできません。

日本政策金融公庫や金融機関と信頼関係を持つ認定支援機関からサポートを受ける予定であることをアピールしながら、“融資の審査ポイントを正しく抑えた事業計画書を作成・提出する”ことが融資の結果を大きく左右します。

私たちは日本政策金融公庫と強く連携しており、日本政策金融公庫の制度や審査のポイントを理解するため、実際の公庫の担当者に事務所までお越しいただき 勉強会を開催しています。
日本政策金融公庫の融資支援の実績豊富なBricks&UKが全面的にお客様をバックアップします。

まずは日本政策金融公庫の融資を理解しましょう

創業融資に積極的な支援をしてくれる、日本政策金融公庫の創業融資制度をまずはしっかりと理解することが重要です。

日本政策金融公庫の特徴・メリット

  • 無担保・無保証で借りられる
  • 返済期間が長い
  • 独立起業者、小規模事業へのサポートに尽力

担保や保証人が不要!?
ここが日本政策金融公庫の創業融資制度のすごいところです。
担保や保証人が不要の創業融資を受けられるのは日本政策金融公庫だけだと思います。

対象になる人は誰?自分は対象になる?

日本政策金融公庫の融資を受けられる人は、細かな要件はたくさんありますが、大きなポイントは2つあります。

自己資金は総額の1/10となっていますが、実際に融資支援を行っている弊社の実感としては、もうちょっと必要だと思います。
融資を無事に受けるには、1/3以上の自己資金を用意することを目指してください。

また、自己資金には“もらったお金”は含まれません。
例えば「創業のために両親からもらった」お金などは自己資金としては見なされないことがほとんどです。
創業のために、自分でコツコツ貯めたことが評価されるのが創業融資制度の特徴です。

いくら借りられるのか

最大3,000万円まで借りることができますが、現実にはちょっとハードルが高いんです。
現実的に審査を通過しやすいのは1,000万円程度ですよ。

よくある質問

起業時、ホームページ制作でやってはいけないこと

いまやホームページはかかせない存在ですが、実は起業のタイミングでやってはいけないことがあるんですよ。失敗しないための秘訣をご紹介します!

記事を読む 》

創業融資、審査でここを見られてる!

起業資金の調達に失敗しないためには、融資審査のポイントをおさえることが大切。
実際に審査にあたっていた専門家がポイント5つを紹介します。

記事を読む 》